各種保険取扱い

インプラント治療

天然歯に近い噛み心地のインプラント治療

インプラント治療とは、歯の抜けてしまったところにチタン製の人工の歯(インプラント)を埋め込み、人工の歯冠を取り付ける治療です。インプラントの素材のチタンは顎の骨とくっつく(結合)する特性を持っていますので、インプラント(人工歯根)と顎の骨を結合させた後に人工の歯を装着することで自然歯に限りなく近い感覚で噛むことが可能です。

また、歯冠の色や形も最新の歯科技術により、自分の歯と限りなく近く作ることも可能になってきています。

さらにインプラントは現在、実用化されている人工臓器の中では、最も完成度の高いものであると言われています。入れ歯やブリッジに抵抗のある方は、インプラントをお勧めいたします。

インプラント担当医による専門性の高いインプラント治療

インプラント治療は専門性の高い治療と言われています。

外科的な経験や技術が必要なことはもちろん、患者様の全身を状態を把握した上で治療をしてなくてはなりません。

当院では、インプラント治療の技術と経験が豊富なインプラント、口腔外科専門の担当医が専門性を活かしてインプラント治療をします。

顎の骨が少なくインプラント治療を他医院に断られた患者様などはインプラント治療が可能かもしれませんので、当院にご相談下さい。

インプラントの素材のチタンは安全なの?

インプラントの素材は、チタンで形成されています。40年以上の臨床研究により、チタンという素材が人体に拒絶反応を与えず、時間を経過することで、骨と結合する(オッセオインテグレーション)ことが確認されております。

このチタンの特性を利用し、人工的に歯の土台である歯根を造り、人工的な歯を立てることで、丈夫で安定した治療を施すことができるのです。

また、インプラント治療で使用するチタンは金属アレルギーの報告が最も少ないので、安心して治療を受けていただくことができます。

インプラントと入れ歯どっちを選ぶ?

歯が無いもしくは欠損している場合の治療法として、主に入れ歯とインプラント治療の2種類が挙げられます。従来では歯が無い場合に入れ歯を使用するケースがほとんどでした。入れ歯の場合は保険適用する入れ歯もありますので、保険適用の入れ歯であれば経済的負担の軽減が出来るというメリットがあります。

しかし、近年ではインプラントの製品向上や長年の臨床データの蓄積から信頼性と予知性が非常に高くなり、将来自分の歯を残そうと考えた時、入れ歯よりもインプラント治療をした方が、顎(アゴ)の骨が減りにくく、経年的にみると、より多くの歯を残せるという臨床データが出ております。将来の自分の残存歯を残そうと考えた場合はインプラントをした方がメリットがあると言えるでしょう。

インプラント治療のデメリットとしては、保険適用外なので通常の相場としては1本30~50万円という価格が高額になり患者様に経済的な負担が大きく掛かるという現実があります。(入れ歯の場合は保険適用と保険適用外のものあります。)

Consultation hours & Access Map

当院の診療時間と交通アクセス地図