各種保険取扱い

予防歯科で歯を守ろう!

予防の大切さ

皆様が歯医者に行く時は、どのようなイメージをお持ちでしょうか?

「悪くなってから」、「痛くなってから行く」と連想される方が多いと思います。すなわち「歯医者は治療をしに行くところ」と言うイメージを抱く方がほとんどなのです。

確かに悪くなってしまったら治療する他ありません。しかし一度削ってしまった歯は元通りには戻りません。

悪くならないように削らないように予防をすれば、歯を失うリスクを抑えることができるのです。

皆様は欧米諸国の高齢者(80歳)の平均残存歯数(残っている歯の平均本数)をご存知ですか。

80歳時で欧米諸国と日本の平均残存歯数

平均残存歯数
スウェーデン 25本
アメリカ 17本
イギリス 15本
日本 8.8本

表を見てわかるとおり予防先進国のスウェーデンと日本とでは、高齢者の残存歯になんと16本もの差があります。 アメリカとも約9本、イギリスとも約6本の差があります。

なぜここまでの違いが出るのでしょうか?

調べた結果、日本は欧米諸国に比べて圧倒的に定期検診の受診率の割合が低いということが分かりました。

欧米諸国と日本の定期検診受診率

定期検診受診率の割合
スウェーデン 90%
アメリカ 80%
イギリス 70%
日本 2%

スウェーデンやアメリカ、イギリスでは、定期検診の受診率が70 ~90%と高く、それに伴い80歳時の平均の残存歯数も多くなっています。一方で日本は受診率が2%とダントツに低く、残存歯数もわずか8.8本と少なくなっています。

すなわち日本は他国と比較して予防意識が非常に低い国、それゆえに失わなくても良かったご自身の歯を失っていると言っても過言ではないでしょう。

予防歯科を実現する条件

セルフケア(ご自身のケア)とプロフェッショナルケア(歯医者でのケア)の両方が必要なこと
患者さんのデンタルIQを高める。そのために歯科医院としっかりコミュニケーションを取ること
定期検診をしっかり受診すること
予防の本当のスタートは治療を終えてからはじまるということ

ワンランク上のプロフェッショナルクリーニング

虫歯や歯周病の原因となる歯垢(プラーク)や食べ物やタバコでついた着色汚れなどは、毎日のブラッシングでは取りきれません。

これらに対応するためにPMTC(プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニング)という歯科医院でしかできないクリーニングがあります。

PMTCは、歯科医院にて、専用器具を用いて行う歯の清掃のことです。

毎日のブラッシングに加えて定期的に行うことで、蓄積しがちな歯垢や着色汚れ、細菌(バイオフィルム)を取り除き、虫歯や歯周病を防ぐことができます。

PMTCはこんな人におススメ

  • 治療ではなく歯磨きの手伝いをして欲しい人
  • 歯周病の治療が終わっている人
  • 矯正中の人
  • 被せ物やブリッジなどがある人
  • 口の中をすっきりさせたい人
  • 歯石を取り除いた人

PMTCの効果

  • お口がすっきりします
  • 歯がピカピカになります
  • 虫歯の予防に効果的です
  • 歯周病の予防にも効果的です
  • 歯を強くします
Consultation hours & Access Map

当院の診療時間と交通アクセス地図