各種保険取扱い

マウスピース矯正

取り外し可能で目立たないマウスピース矯正

竹内歯科矯正歯科では、取り外せる目立たない歯列矯正歯科治療として、マウスピース矯正を導入しております。

マウスピース矯正装置を用いての治療は、お一人おひとりの治療計画にあったオーダーメイドのマウスピースを作成し、歯並びを改善していく矯正治療です。

また、部分的な矯正治療の部分矯正としてもご利用できますので、すきっ歯、出っ歯、前歯だけなど、気になる部分がありましたらお気軽にご相談ください。

透明なマウスピースだから目立たない

マウスピース装着前

マウスピース装着時

マウスピース矯正の適応症例

マウスピース矯正はワイヤーブラケットを装着せずにおこなえるため、マウスピースのみで歯並びを改善するという大きなメリットがあります。ですが残念ながら、すべての矯正治療に対応できる訳ではありません。特に重度の不正咬合には適応しないため、軽度の不正咬合に適応する治療法に主に使用します。参考として適応する症例を挙げると以下のような症例になります。

適応症例 1  軽度な隙っ歯、出っ歯・上顎前突、凸凹・叢生などの不正咬合。
適応症例 2  上下のかみ合わせの前後、または左右のズレが少ない不正咬合。
適応症例 3  歯根の移動が必要ない症例。

マウスピース矯正の利点と欠点

マウスピース矯正の利点

メリット・利点 1  取り外しが可能である。そのため食事や歯磨きのときは矯正装置を取り外して行うことができます。
メリット・利点 2 透明のマウスピースなので、装着時でも目立たない。
メリット・利点 3 治療中にホワイトニングが併用してできる。
メリット・利点 4 出っ歯や隙っ歯といった部分的な矯正にも対応しています。
メリット・利点 5 矯正治療後に数年経過した後戻り症例にも使用できます。
メリット・利点 6 通常の矯正治療の最後の仕上げに使用することもできます。

マウスピース矯正の欠点

デメリット・欠点 1 指示された使用時間を守らなくてはならない。
デメリット・欠点 2 マウスピース矯正は適応できない症例もあるのでご相談ください。
デメリット・欠点 3 装置装着中は歯が当たらないため違和感を感じるときもある。
デメリット・欠点 4 通常のブラケットによる矯正治療よりも費用がかかる。
Consultation hours & Access Map

当院の診療時間と交通アクセス地図