各種保険取扱い

舌側矯正

舌側矯正について

舌側矯正とは歯並びを治す矯正歯科治療の装置(リンガルブラケット矯正装置)を歯の裏側につけ、この矯正装置が人目に触れにくいように治療する方法です。

この方法を用いることにより、「今まで歯並びを治したかったけど、装置が目立つからちょっと…」ですとか「職業柄、矯正の装置がつけられない」といった矯正歯科治療に踏み出せなかった方には最適な治療です。

現在では、リンガルブラケット矯正装置自体も小さくなり、違和感や発音がしずらいなどといったことも軽減されました。表からの矯正に躊躇をされている方には目立たなく出来る矯正治療なのでおすすめです。

  • 舌側矯正の注意点
    当院では適用できる症例には限りがありますので、一度ご来院して頂き診査診断の上、舌側矯正の適用が可能な症例か判断させて頂きます。

舌側矯正のメリット

メリット 1  リンガルブラケット矯正装置を付けるので、目立ちにくい矯正治療ができる。
メリット 2  矯正治療中の虫歯のリスクを減らすことができる。
メリット 3  前歯を引っ込ませる矯正に向いている。
メリット 4  職業柄、矯正がしづらい方でも矯正治療ができる。

舌側矯正のよくある質問

質問 1 舌側矯正の仕上がりは表側からの矯正と変わりますか?

仕上がりは表側からの矯正と全く変わりません。

質問 2 発音はしにくいですか?

最初のうちは舌が当たって発音はしにくいですが、慣れると普通に話せるようになるでしょう。

質問 3 舌側矯正中にスポーツをしても大丈夫でしょうか?

舌側矯正中にしてはいけないスポーツはありません。

質問 4 舌側矯正の治療費は表側からの矯正と違いますか?

舌側矯正は特殊な装置と高い技術が必要なため、表側からの矯正より費用は高くなります。

舌側矯正に際してのリスク・注意事項

  • 治療期間は個人差が大きく出ます。
  • 矯正治療は。歯を支える骨の代謝をコントロールして歯を移動させます。
     そのため、治療の初期(1週間程度)には顎の部分に痛み、熱感、倦怠感などを生じ、食事がしにくくなることがありますが、だんだんと軽くなります。痛みの程度には個人差があります。
  • 矯正治療による歯根吸収(歯根が短くなること)が生じる場合があります。
  • 矯正装置による歯肉退縮(はぐきが下がること)が生じる場合があります。
     はぐきが下がると、歯が長く見えたり、歯と歯の間に隙間が出てきて黒く見えることがあります。
  • 矯正装置による口内炎が生じる場合があります。
  • 矯正装置により歯磨きがしにくくなり、虫歯および歯周病になるリスクがあります。
  • 痛み止めなどの薬の服用は、歯の移動を阻害することがあります。
  • 歯周病や根の先に感染症があると、悪化することがあります。
  • 顎関節症があると、悪化することがあります。
  • 骨や内分泌系の疾患があると、治療期間が延びる可能性があります。
  • 本人に取り外していただく装置を使用することがあります。
     医師の指示通りに使用しない場合には歯並びの改善が困難になることがあります。
  • 治療後のリテーナーの仕様が不十分な場合、歯列が後戻りすることがあります。
  • 治療後には中、長期的に見て生理的な変化があります。
     これは、矯正治療の後戻りとは異なり、新たに獲得した噛み合わせび自然な変化です。
     矯正治療を行わない人にも必ず噛み合わせの変化は起こります。
  • 遺伝性、骨格性の不正咬合の場合には、個々の成長能力により症状が再発することもあります。
Consultation hours & Access Map

当院の診療時間と交通アクセス地図