各種保険取扱い

子供の矯正歯科

子供の時に綺麗な歯並びを手に入れよう!

小児矯正では骨格が柔軟な時期にあごの成長を促しスペースを作って歯を並べることができます。

小児矯正では4歳くらいから永久歯が生え変わる12歳くらいまでのお子様が対象です。

子供のうちに矯正治療を始めておけば小さな治療で綺麗な歯並びに整えることが可能です。

小児矯正の時期

乳歯が生え始めてから10年前後を経過して永久歯の咬合が完成します。この間に噛み合せが悪くなった場合、通常では2期に分けた矯正歯科治療をします。

まず、早期治療(第1期治療)は3歳~11歳頃までの永久歯の咬合完成前の段階で、良好な噛み合せが形成されるように誘導する咬合発育治療です。この時期は大きな成長発育期にあるので比較的簡単な装置で歯の位置や、顎の骨の位置の改善を行います。

次のステージの本格治療(第2期治療)は12歳頃より永久歯の咬合がほぼ完成し、大きな成長期が過ぎ、厳密に歯を動かしてよい噛み合せを形成するために固定式の装置(マルチブラケット装置)を使用して矯正を行います。

子供の時期に矯正治療を行う利点

メリット 1  顎の成長とバランスを整え美しい顔立ちへ

正常な発育を妨げるような歯並びやクセを改善し、顎や顔の成長バランスを整えます。顔つきやアゴの成長のコントロールは、成長期の子供にしかできない矯正治療です。

メリット 2 コンプレックスを取り除き健康的な精神発育を促す

出っ歯や受け口がコンプレックスとなり、暗い性格になることがあります。可能な限り前歯を矯正して、健やかな精神発育を促します。

メリット 3 永久歯を抜歯しないで矯正治療する可能性が高くなる

大人の矯正治療では、歯を正しい位置まで動かすために、邪魔になる歯を抜いてスペースをつくることがあります。しかし、早期治療を行うことで、永久歯を抜くことなく本格矯正ができる可能性が高くなります。

小児矯正に際してのリスク・注意事項

  • 治療期間は個人差が大きく出ます。
  • 矯正治療は。歯を支える骨の代謝をコントロールして歯を移動させます。
     そのため、治療の初期(1週間程度)には顎の部分に痛み、熱感、倦怠感などを生じ、食事がしにくくなることがありますが、だんだんと軽くなります。痛みの程度には個人差があります。
  • 矯正治療による歯根吸収(歯根が短くなること)が生じる場合があります。
  • 矯正装置による歯肉退縮(はぐきが下がること)が生じる場合があります。
     はぐきが下がると、歯が長く見えたり、歯と歯の間に隙間が出てきて黒く見えることがあります。
  • 矯正装置による口内炎が生じる場合があります。
  • 矯正装置により歯磨きがしにくくなり、虫歯および歯周病になるリスクがあります。
  • 痛み止めなどの薬の服用は、歯の移動を阻害することがあります。
  • 歯周病や根の先に感染症があると、悪化することがあります。
  • 顎関節症があると、悪化することがあります。
  • 骨や内分泌系の疾患があると、治療期間が延びる可能性があります。
  • 本人に取り外していただく装置を使用することがあります。
     医師の指示通りに使用しない場合には歯並びの改善が困難になることがあります。
  • 治療後のリテーナーの仕様が不十分な場合、歯列が後戻りすることがあります。
  • 治療後には中、長期的に見て生理的な変化があります。
     これは、矯正治療の後戻りとは異なり、新たに獲得した噛み合わせび自然な変化です。
     矯正治療を行わない人にも必ず噛み合わせの変化は起こります。
  • 遺伝性、骨格性の不正咬合の場合には、個々の成長能力により症状が再発することもあります。
Consultation hours & Access Map

当院の診療時間と交通アクセス地図